指先や爪も

ハンドクリームを活用しながら、手肌の乾燥を防ぐため、保湿のケアを行うことが重要なポイントであるということは、先ほどのコンテンツで触れました。

では、どのような保湿ケアを行えばいいのでしょうか? とにかく、保湿ケアは丁寧に行うことが重要。

ハンドクリームの塗り方のコツは、指先や爪も忘れずに、丁寧なケアを心がけるということがポイントです。

手肌のすみずみまで、しっかりといたわってあげるよう、指先や爪にもしっかりとハンドクリームを塗るようにしましょう。

また、時間に余裕があるケアのときには、指の一本一本まで、しっかりとうるおいで包んであげるように、爪や爪のまわりも丁寧にハンドクリームをなじませてあげるようにします。

さらに、保湿ケアをしながら、手指のマッサージを行うこともポイントです。 ハンドクリームによる保湿ケアの際には、手指がなめらかな状態を保てますので、同時にマッサージをしてあげます。

手指は常時動かしているため、疲れがたまっていますので、ハンドケアの際に、その疲れをほぐしてあげるようにしましょう。

そうすることで、保湿のケアはもちろんのこと、疲れを癒やすリラックス効果も期待できますので、より、ハンドケアを落ち着いた気持ちで行うことができるのです。 指先までしっかりとめぐりを促すことで、爪や爪のまわりにも水分と油分が与えられます。

そうすることで、乾燥からくるささくれや爪の割れの症状も、しっかりとケアしてあげることができます。