手荒れ予防

手肌を素敵な印象として保つためには、とにかく手荒れをしないように心がける必要があります。 そのために、絶対欠かせないこと、それこそが、保湿です。

お肌はいつでも乾燥してしまう状態にあります。 太陽の刺激を受ける紫外線もそう。紫外線を受けることでお肌は乾燥してしまいます。

また、空気の乾燥をはじめ、エアコンによる湿度の低下や、繰り返し行う手洗いなどでも、手肌のうるおいは失われてしまいます。

手肌が乾燥してしまう結果、手荒れの原因となりますので、角質層の亀裂が入り、ひびやあかぎれなの症状に結びついてしまいます。 ハンドクリームを活用しながら、日頃から手肌をしっかりと保湿することで、乾燥からくるお肌のトラブルはもちろんのこと、手荒れの症状を予防することができるのです。

また、ハンドクリームによる手肌ケアは、たまに行えばいいというものではありません。 こまめな頻度で、手肌が乾燥する前に、しっかりとうるおいチャージ。 いつでも、どこでも、こまめにハンドケアしてあげることが重要です。

キッチンや洗面所などの水回りはもちろんのこと、化粧ポーチやベッドのそばなど、いつでもハンドケアができるように、身近な場所には、ハンドケアアイテムを常備するようにしましょう。

とにかく、手肌が乾燥してしまう前に、しっかりと保湿ケアをしてあげる。 そんな習慣こそが、手肌美人への近道となるのです。